アフリカ生地・布の歴史

アフリカンワックスプリントはインドネシアのジャワ島に伝わるジャワ更紗に見られる伝統的な染色法「ろうけつ染め」に由来しています。ろうけつ染めとは、模様部分を蝋(ワックス)で防染し染色する染色法です。

 

アフリカのワックスプリントは、インドネシアを1800年代に植民地化したオランダによって考案された独自のろうけつ染めを採用しています。これは産業革命を遂げたオランダがインドネシアのろうけつ染めを機械化によって安く大量生産しようという狙いから開発された染色法です。しかし、一儲けしようというオランダのもくろみはかなわず、ろうけつ染めの市場を独占するどころかその技術を浸透することすらできませんでした。

世界中で植民地化を推し進めていたオランダは、自らの植民地下に置く西アフリカ諸国でジャワのろうけつ染めの生地が人気を得られることを知ると、オランダで大量生産した生地を舟で輸出するようになり、市場をダッチワックスプリントと呼ばれるオランダのろうけつ染めがあっという間に占めるようになりました。

 

時代の経過とともに、よりアフリカ諸国に好まれるデザインが採用されるようになり、1900年代にはアフリカ独自の発展を遂げ始めました。それらの生地は、政府高官の正装や学者、裕福な者たちの洋服に使われるほどまでに洗練されていきました。

1960年代になると、アフリカ諸国がヨーロッパ諸国から独立を達成し、外国からの情報や外貨が流れ込むようになり、これまでは販売されていた生地の生産にコストがかかっていると感じるようになった業者は、より安価な生地の供給をめざして「ろうけつ染め」からデジタルプリントへと移行し、“ファンシーファブリック”と呼ばれるアフリカのワックスプリントの新商品を消耗生産するようになりました。

 

現在、植民地政策の名残で今もイギリスとオランダの業者2社がアフリカを拠点に「ろうけつ染め」の生地をわずかながら供給しているのを除いて、アフリカのマーケットで出回っている製品のほとんどがこの「ファンシーファブリック」です。この生地の利点は「ろうけつ染め」に比べ、強度があり色が鮮やかだということです。こういった点と安価だという理由から人々に受け入れられるようになりました。

関連記事

記事①:『アフリカの生地・布とは?』を読む。

このページをシェアしますか?Share on Facebook1Tweet about this on TwitterShare on Google+0